全国福祉
全国福祉未来ネットワーク団体名 全国福祉未来ネットワーク
全国福祉未来ネットワーク代表者名 久米隼
全国福祉未来ネットワーク活動場所 東京
全国福祉未来ネットワーク活動人数 約10人
全国福祉未来ネットワークWeb mirai-net.org/

0c04783f092ba884c2f3b07702f3f6a76b77778b726c133146ecdda52c618cdbd81e8da51a5d3d7c72267cf341057bbf

キャッチコピー

福祉×若者つなぐネットワーク!!

団体紹介

全国福祉未来ネットワークは、2009年、「学生団体 日本社会福祉学生会」として誕生し、社会福祉を学際領域にとらわれず、大学という垣根を越えて総合的、多角的、国際的に考える団体として誕生しました。全国で連結300名近くの学生、北海道から九州まで多くの学生を結ぶネットワークとして成長し、全国学生会議の開催や、東日本大震災の復興支援などを展開してまいりました。しかし、学生時代に福祉を良くしよう!と活動しても、いわゆる現場が想像以上に厳しく夢も希望もない。福祉の世界から離れてしまうという新たな課題が発生しました。それらの問題を解決するために、学生だけではなく、社会全体を考える問題だからこそ、社会や社会人との協同、協働の必要性が議論となり、2013年5月をもって「全国福祉未来ネットワーク」へと名称を変更し、組織体制を刷新しました。メンバーは関東だけでなく、中国地方、甲信越地方の学生もいます。

 福祉の現場で働かなくても、親になったら、子育てって?介護が必要になったら、地域とのつながり…福祉は身近な存在です。特別なことではなく、身近なことなんだということを発信しつつ、ネットワークを築いていくことを目的とした団体です。全国福祉未来ネットワークは、社会福祉とその関連領域を学ぶ『学生』とそれぞれの分野で活躍する『社会人』を結び、一体となって福祉の未来を考え、行動をします!
 

活動内容

前身の日本社会福祉学生会では、東日本大震災の復興支援、全国学生会議の開催などを行っていました。

未来ネットとしての活動としては、
★会報:未来の福祉
福祉についての情報を発信!!
月に1度、発行しています。
★社会福祉士・精神保健福祉士国家試験対策会
国家試験に合格した人のお悩み相談等
★こども虐待について考えよう『若者会議』
未来ネットは、認定特定非営利活動法人児童虐待防止全国ネットワークのオレンジリボン支援団体の1つです。未来ネットが若者向け啓発イベントとして行うのが若者会議です。
★Twitter、facebook、ブログによる情報発信等
☆福祉のインターンシップ(現在準備中)

「全国福祉未来ネットワーク」では、現在いくつかの事業を展開しておりますが、『未来について「学生」と「社会」がともに考え行動するネットワーク』を目指しています。その中で、社会福祉士や精神保健福祉士、介護福祉士の対策勉強会、福祉インターンシップ、ボランティア活動、専門局といった事業を展開し、「考え」ることと、「行動すること」をとおして、未来にむけてソーシャル・アクションを起こしていこうと計画中です。

団体メンバーはいいね!