僕らの夏休みProject
僕らの夏休みProject団体名 僕らの夏休みProject
僕らの夏休みProject代表者名 谷田川雅基
僕らの夏休みProject活動場所 首都圏にて活動し、岩手県宮古市に訪問
僕らの夏休みProject活動人数 50名程度
僕らの夏休みProjectWeb bokunatsu.com/

summer holidays(1)summer holidays(2)summer holidays(3)

キャッチコピー

子どもたちに最高の夏休みをプレゼント

団体紹介

 3年目である「僕らの夏休みProject」とは、学生主体の東日本大震災復興支援プロジェクトであり、“学生達ができる学生らしい活動”をコンセプトに、様々な大学の有志によって組織された「僕らの夏休みProject 実行委員会」が中心となって企画、運営している団体です。
 2年前に起きてしまった震災での悲劇、被災地では今でもその状況が続いています。設備的な復旧復興が進んでいくと同時に、心的ストレスもあらわになってくる時期でもあります。そんなとき子どもたちのために“学生にできること”、それは“想いを時間として費やす”ということ。学生に立派な物資や大きな義援金は集められません。ですが、学生が考えた企画の実施から成功まで、“子どもたちのため・被災地のためにできること”を行うことができます。そしてできるだけ多くの時間を被災地の子どもたちと過ごし、直接触れ合っていく。そこから生まれる笑顔や信頼関係は互いに今後の大きな財産になると考えました。
1年目に参加大学3大学、参加学生24名であった夏のイベントが、2年目である昨年、20大学58名の大きな企画となりました。8月上旬に学生が岩手県宮古市立赤前小学校を訪問し、子供達と一緒に自由研究やプール、レクリエーション、お祭りを通して素敵な日々を過ごしました。冬・春にも現地へ行き、交流を重ねています。
なんといっても僕夏の魅力は、「夏祭り」です。
1年目は250名程度であった来場者も、昨年は口コミや前年度の反響によって400名の方が足を運んでくださる“地域のイベント”となりました。地元の方々と協力して地域一帯でお祭りを開催し、子ども達による催し物や学生達による模擬店、地元の漁師さん達による魚の網焼きなども振る舞われ、地域のつながりをより強くすると共に、避難所開放以降バラバラになってしまった方々が再び集まるきっかけとなりました。

活動内容

首都圏の大学生が中心となり、東北の子ども達に『笑顔・感動・学び』を届けるため活動しています!

活動実績

初年度より岩手県宮古市にて夏祭りを企画・運営

この団体にいいね!