ivotekansai1
学生団体ivote関西団体名 学生団体ivote関西
学生団体ivote関西代表者名 徐東輝
学生団体ivote関西活動場所 関西地区(主として京都市内)
学生団体ivote関西活動人数 17人
学生団体ivote関西Web www.i-vote.jp/

ivotekansai2ivotekansai4ivotekansai3

キャッチコピー

入口に立つあなたが好き。

団体紹介

「20代の投票率向上」を理念に掲げ、関東を中心に活動する学生団体ivoteの姉妹団体として、京都を中心に関西全域で活動中。
「政治系イベントサークル」をコンセプトに、「まだ選挙には言っていないが、背中を押せば行ってくれる」潜在的な投票層をターゲットとし、小難しい勉強会等ではなく、政治や選挙につきまとう堅苦しさを取っ払ったイベントやキャンペーンを展開。
政治家と学生の交流会「居酒屋ivote」や、キャリアウーマンと女子大生が女性の生き方について考える「女子会ivote」など、若者と政治の架け橋となるイベントを企画運営。
政治について専門的に学んでいるメンバーもいる一方、岩盤や光の研究をする理系大学院生、元選挙管理委員会のロースクール生など多様なメンバーのが集まり、京都から・関西から日本の未来を創っていこうと抜群のスピード感で展開中。
設立から半年足らずで多くの選挙管理委員会や他団体・議員との協力関係を築く。

活動内容

▼主な活動実績
●2008年に原田謙介らによってivote結成
●政治家と一緒に居酒屋で飲むイベント「居酒屋ivote」主催。これまで15回開催、延べ50名以上の国会議員が参加。
●東京大学五月祭で文化放送「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsClub」の公開収録(2010年)
●Youtube「ivoteチャンネル」にてオリジナル動画配信。政治をより身近に感じてもらうべく、動画を制作
●スマートフォンアプリ「妄想電話」とコラボレーション萌えボイス、イケメンボイスを聞いて、4月10日の統一地方選挙へ行こう!運動を展開
●その他、選挙公開討論会を随時開催。
●メンバーの北、上中が「池上彰×津田大介inニコファーレ?情報で世界は変わるのか」に参加(2012年)
●ネット選挙解禁運動に向けてのキャンペーン活動
 「OneVoiceCampaign」のHPが始動(2012年)
●「はじめての憲法」と題し、池上彰氏をお呼びした憲法の勉強会を開催。20代の若者約100名が参加し、盛況に終わる。(2013年)
●第1回女子会ivoteを開催。各党4名の女性議員と約15名の女子学生が参加。これまでに2回開催。
●学生団体ivote関西支部設立。(2014年)

団体メンバーはいいね!