復興支援ITボランティア団体名 復興支援ITボランティア
復興支援ITボランティア代表者名 池本修吾
復興支援ITボランティア活動場所 東京都三田
復興支援ITボランティア活動人数 10名程度
復興支援ITボランティアWeb u-shien.jp/it_volunteer/

DSC_4580s
19
DSC_4571s

キャッチコピー

ITで東北を盛り上げる!

団体紹介

復興支援ITボランティアは、2011年4月上旬から文部科学省やIT企業と連携し、岩手県の沿岸にボランティアを派遣してきました。
被災地では大小様々な避難所が各所に点在しているため、人的資源の限られる災害対策本部やボランティアセンターだけでは,きめ細やかな被災地住民へのサポートや現状の把握が難しく、全国には被災地にボランティアに行きたいと考えている若者(特に大学生)が大勢居るにも関わらず、人手不足のため受け入れ態勢すら十分に整えることが困難な状況にあります。
そこで当団体は現地の災害対策本部やボランティアセンターと連携を取りながら独自にボランティアのコーディネイトを行い、各避難所に学生を中心としたボランティアの派遣を実施しております.

活動内容

東日本大震災以来、日本のIT企業と連携しながら、パソコン・プリンタ・及び通信機器を東北の被災地の方々に提供し、 それらを復興に利活用するためのITサポート活動を実施しています。学生が中心となって、2011年5月から月に1度のペースでボランティアを派遣してきました。
仮設住宅のコミュニティ活性化のためのパソコン教室の開催や、仮設住宅の連絡網整備、Webサイトや海産物を販売するECサイト・復興資料のアーカイブ集等の作成、現地からの情報発信サポート等、 ITというツールを軸に、地域の特性やニーズの変化に応じながら、継続的な支援を目指して活動しています。
今年度は、住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム2013で助成金を受けながら、大船渡市・陸前高田市での復興ビジネスITサポート(語り部ツアーや海産物販売等)や復興資料のデータ化等の活動を継続します。

団体メンバーはいいね!