geil2012

学生のための政策立案コンテストGEIL2012の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの学生のための政策立案コンテストGEIL2012紹介ページ
GEIL2012実行委員会は、夏休みの時期に「学生のための政策立案コンテストGEIL2012」の企画・運営を行う学生による団体です。私たちは コンテストの開催を含めた一年間の活動を通し、社会に価値を発信するべく日々活動しております。

活動趣旨

コンセプト
考え抜く学生は強い。?社会構成員として考え抜き、働きかける?

VISION
主体的な社会構成員の輩出
様々な構成員が支えあう社会の実現

詳しいコンセプトやコンテスト内容はHPにてご覧いただけます。
www.geil.jp/

GEIL2012スタッフについて
GEIL2012実行委員会のスタッフは東京大学・一橋大学・慶応大学・早稲田大学などの学生を中心とした首都圏の学生およそ30人により構成され、各代一年半の活動期間が設けられています。四月からは新たに一年目スタッフを加え、コンテストの企画・運営のために各人がそれぞれの課題に取り組み共に活動しています。
毎年違うテーマを扱い社会問題について考え政策を考えるコンテストを行っており、GEIL2011では雇用・労働をテーマとしました。

Message
日本社会は、少子高齢化・女性の社会進出・グローバル化等の変化に加え、先日の東日本大震災や世界的な不況の下で変革の時代を迎えています。
 しかし、こうした時代を迎えているのにも関わらず、社会制度は戦後以来大きく変わっていません。
 日本の現状をただ漫然と見逃すのではなく、時代に適合した社会のあり方を考え抜く。
 全国から来る80名の学生と共に、社会の本質に触れ、現場を知り、プロである官僚に意見をもらい、日本の未来を考える。
 知識・思考力・創造性‐あなたのすべてが試される場がここにあります。

活動内容

「学生のための政策立案コンテストGEIL2012」は2012年で14回目を迎える日本最大級の政策立案コンテストです。
 毎年、経済産業省・東京都・松下政経塾などのご後援や多数の企業からのご協力のもとに私達GEIL2012実行委員会はコンテストを運営しております。
 今年度のコンテストは選考を突破した学生を集め、一週間程度の合宿形式で行います。
1日1日の区切りをDAYと呼び、DAYのコンテンツの中には実際に作った政策案を官僚の方にブラッシュアップしてもらうコンサルティングタイムや現場意識をもってもらうためのヒアリング、実際に作った政策を全体の場に公表する決勝プレゼンテーションを盛り込みより質の高い政策案を作ることを参加者の第一目的としてコンテストを行っております。

コンテスト以外では毎週GEIL全体のミーティングを全体の議論の場として行っております。

GEIL2011のHP
www.geil.jp/

団体情報

活動拠点・活動場所 国立オリンピック記念青少年総合センター
参加大学 スタッフ:東京大学、一橋大学、筑波大学、慶應義塾大学、早稲田大学など
参加者:東京大学、一橋大学、慶應義塾大学、早稲田大学、大阪大学、同志社大学、京都大学、北海道大学、横浜国立大学など
活動頻度 週1、毎年3月に中間報告会がありOBOGの方々への報告をします。
代表者名 吉田 昌平
ホームページ www.geil.jp/
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]