no

関西観光学会の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの関西観光学会紹介ページ
顧客創造&地域活性&伝統文化の発信
関西観光学会(英名:KAT Kansai-Association-of-Tourism)は、大学で学んだこと、例えば、「経営学」「芸術学」「教育学」などの学問を現実社会に適用し、関西という地をより魅力的にしてやろう!!また、将来世界で活躍していく際に「私たちは何なんだ?」に答えるためには、まず日本知らなきゃあかんやろ!!!という気持ちから立ち上げられた団体です。
現在、メンバー募集中です!!

活動趣旨

「inputした知識をoutputしてみたい!そして、自分とは異なることを学んでいる学生と出会ってみたい!!」
「大学で学んだことをどうにか社会に適用することはできないか?」
「大学生のうちにいろんな経験をしたい!」
「世界で働くだろう私は、さて日本の、関西のことをどれだけ説明できるうだろうか?このままじゃできないかも・・・・・・」
という思いから、関西観光学会は設立されました(*^。^*)

 ―活動目的―
観光業における顧客創造、観光を用いた地域活性、着物産業などの伝統文化の発信

 ―ミッション―

  • 大手ツアー会社にはできないニッチマーケットの開拓による新規顧客創造
  • マイナーな地域の魅力を伝え、また、作り出し、お客様に来ていただく
  • 着物の魅力を大学生に伝えていく

 ―ビジョン―
・関西観光学会が
「全人格的な素養の獲得・発揮」「自らで環境を切り開く」「あなたの魅力とわたしの素直さ」
という3つの理念を体得した大人材城となること
・着物イベントがやがて「着物のパリコレ」と呼ばれるようになること
・関西の学生が世界で活躍すること

 ―運営理念―

  • 全人格的な素養の獲得・発揮
  • 『組織人である前に、人間的な個人でありたい。』
    そこで我々は次の5項目を“全人格的” の定義とします。
    先見性 責任感 公平さ 勇気 包容力
    以上を念頭に置き、受け入れられやすいものではなく、正しいものを選択していきます。

  • 自らで環境を切り開く
  • 上意下達的で硬直的な組織を目指すのではなく、共通の運営理念と活動目的という組織の大きな方向性を理解したうえで、個人が各々で判断し、自由に行動する組織を目指します。その際に、報告・連絡・相談を充実させることを条件とします。

  • あなたの魅力とわたしの素直さ
  • 個人の持つ強みを重視し、その強みを組織全体にも展開していく組織文化の創造を目指します。そのために、個人の価値観を主張するのではなく、人の意見に耳を傾ける姿勢を大切にします。また、このようなカルチャーを恒常的に発揮させるためのシステ
    ムの構築にも取り組んでまいります。

 ―活動スローガン―
「再来(さいくる)=CYCLE」

地域活性:私たちは、対象とする地域の魅力を引き出して、さらに魅力を創出します。そして、観光ツアーサービス、商品の販売促進に努め地域経済における新しいCYCLEを生み出します。また、若者のエネルギーを取り込み一過性のものではなく、地域活性のシステムを作っていきます

新規顧客創造:我々は、対象とする地域の魅力をまだご存じないお客様に新しい価値を提供しニーズやウォンツ(日本語で)を満たし、創造します。その際に提供いたしますサービスは、その地に再び来たくなるようなもの(-再来-)を目指します。また、特に将来利益や地域活性の観点から若者をターゲットとしたサービスを作ります

伝統文化の発信:我々は、対象とする地域の伝統文化を重視し、それをツアーに取り込み、お客様に伝統文化の価値とともに伝統文化の革新性を発信していきます。また、過去と現代、そして未来の文化の 相互交流の仕組みを考え、文化発展のCYCLEを構築します。

 

活動内容

事業部門は、3つあります!(^^)!

  1. 観光ビジネスプロジェクト(POT:Project-Of-Tourism)
  2. POT?ガイドブックの作成、ツアー企画・立案、ツアー実行・運営

  3. キャンパス着物コレクション(CKC:Campus-Kimono-Collection)
  4. CKC?大学生に対して着物の魅力を伝えるために、年に1,2回イベントを行います。

  5. 商品開発
  6. 商品開発?お茶商品・スイーツなどの開発、簡単着物・和洋服などのマーケティング

です!

 ―活動実績―

  • 2万部配布予定のガイドブックの第一版1万部を作成。
  • 旅行会社に対する対面式のインタビュー
  • (CKCイベントの準備)
  • (お茶メーカーとの交渉)

団体情報

活動拠点・活動場所 ひとまち交流館 京都
参加大学 現在74名 参加大学:京都外国語大学、京都精華大学、京都大学 、
嵯峨芸術大学、滋賀県立大学、滋賀大学、成安造形大学、
同志社女子大学、同志社大学、立命館大学、龍谷大学
活動頻度 全体会議月2回(部門ごとの小会議は不定期であります)。
代表者名 桜井夏輝
ホームページ
お問い合わせ [tegaki]kyoto.institute.of.tourism @ gmail.com[/tegaki]