四国青年NGO HOPEの団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの四国青年NGO HOPE紹介ページ
四国青年NGO HOPEは、本団体を含め個々で活動している青年活動団体および個人をネットワークします。また、本団体自ら主体的に事業を展開し、顔の見えるネットワークを創造・維持・管理する役割を担います。以上これらを基盤として、四国内の青年活動を活性化し、日本、ひいては世界の社会問題解決に寄与することを目的としています。

活動趣旨

多岐にわたって存在する社会問題解決に向けて、HOPEは以下のビジョンを持っています。

  1. 四国のあらゆる分野の青年活動をネットワークする
    • あらゆる分野の青年活動をHOPEがネットワークすることで、青年活動家に対して他分野の活動に関わるきっかけを提供し、社会問題解決に向けて包括的なアプローチを行うことを目指します。

      ※ここで言う「あらゆる分野の青年活動」とは、政治系・宗教系の青年活動を除いた青年活動を意味します。

  2. 全国の青年活動団体と連携し、全国と四国の橋渡し役となる
    • 四国の青年活動家が効率的に全国規模の活動に参画できるよう、HOPEは全国の主要な活動団体と連携し、全国の青年活動に関わる情報を提供することを目指します。
    • 四国の青年活動に関わる情報を全国に発信するため、HOPEは全国の主要な活動団体と連携し、情報発信の拠点となることを目指します。
  3. 四国の青年活動において、量の増加、質の向上に係る役割を担う
    • 四国各地に青年活動家、また青年活動団体を生み出し続けるための建設的な事業展開を目指します。
    • 四国における青年活動家、また青年活動団体の質を向上させるため建設的な事業展開を目指します。
  4. 四国に優秀な人材を輩出する
    • 四国で育った能力の高い青年を四国の企業・行政・NPO等地域社会へ輩出することで、四国の発展に寄与することを目指します。
  5. 四国の青年活動のあり方を、地域の青年活動におけるモデルケースとする
    • HOPEが展開する効率的な青年活動のあり方を全国に発信し、地域のモデルケースとなることを目指します。

活動内容

ビジョン達成のため、HOPEは以下のような事業に取り組みます。

  1. ネットワークサポート事業
    • 多くの青年活動団体は、他の青年活動団体との連携の必要性を感じています。
    • しかし、団体間の連携のためのネットワークを維持するためには膨大な労力が必要なため、各団体が連携を保ち続けることは非常に困難です。
      そこで、HOPEがネットワーク維持に必要な労力を一手に担い、各団体の連携に係る負担を減らすことで、より効率的な活動展開を期待することができます。

    • 全国規模の青年活動団体は、全ての地域との連携、また活動参画を望んでいます。
    • しかし、全国と地域の連携のためのネットワークを維持するためには膨大な労力が必要なため、これを達成することは非常に困難です。
      そこで、HOPEが全国と四国の橋渡し役となり、四国から全国活動に参画するためのきっかけを提供することで、四国の青年の思いを全国規模の活動に反映させることができます。

    • HOPEは、『1を維持』をテーマにネットワークサポート事業を展開しています。
    • 事業例:会員制度・団体登録制度・メールマガジン・HPなど

  2. ボトムアップサポート事業
    • 青年活動の活性化のためには、多くの青年活動家が必要です。
    • そこでHOPEは、多くの青年に活動の一歩目を踏み出すためのきっかけを提供することで、
      青年活動人口の増加、また安定化に取り組みます。

    • HOPEは、『0を1に』をテーマにボトムアップサポート事業を展開しています。
    • 事業例:四国ギャザリング・Salad・APOLLE・しこくろプロジェクト・ecoフェスネットプロジェクトなど

  3. ミドルアップサポート事業
    • 社会問題解決のためには、質の高い活動が必要です。
    • そこでHOPEは、既存の青年活動家、また活動団体に対して、活動の質を向上させるための機会を提供することによって、質の高い青年活動の確保に取り組みます。

    • HOPEは、『1を2に』をテーマにミドルアップサポート事業を展開しています。
    • 事業例:STEP・チェンジサポート部セミナーなど

  4. キャリアアップサポート事業
    • 大学時代から青年活動に取り組んだ青年は、様々な経験を通じて高い能力を持っていると考えられます。
    • しかし、現状そのような高い能力を持った青年には、大学卒業と同時に四国外へ出て行く傾向が顕著に見られます。
      そこでHOPEは、四国で育った能力の高い青年に、大学卒業後も四国で活躍していただくためのきっかけを与えるため、四国内で青年と企業・行政等とのマッチング活動に取り組みます。

    • HOPEは、『2を社会に』をテーマにキャリアアップサポート事業を展開します。
    • 事業例:マッチング事業(2010年度実施予定)など

団体情報

活動拠点・活動場所 四国全域
参加大学 四国にある14の4年制大学
活動頻度 随時
代表者名 理事長 磯部高弘
ホームページ shikokuhope.web.fc2.com
お問い合わせ [tegaki]hope_office_00 @ yahoo.co.jp[/tegaki]