KSE(Kansai Space Explorers)の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのKSE(Kansai Space Explorers)紹介ページ
Kansai Space Explorers(関西スペースエクスプローラーズ)は宇宙に興味を持つ 関西圏の学生が集まった学生団体です。
メンバーは文系理系を問わず、学部1年生?修士2年生の学生で構成されています。



活動趣旨

目標「関西の宇宙関連活動を盛り上げる」

    現在KSEでは4つのプロジェクトを中心に活動しています

  1. 宇宙教育プロジェクト
  2. 宇宙政策プロジェクト
  3. 宇宙企画プロジェクト
  4. 宇宙発表プロジェクト

活動内容、設立経緯

設立日:2004年3月24日

学生宇宙団体は今でこそ全国に約10存在し、ネットワークを形成するまでに発達していますが、
以前は北海道や関東にしかなく関西の学生が活動をしたくてもどこにも活動を行う場がない状況でした。

関西はこれまで歴史と商売優先の土地柄のため、
投資してもすぐには利益に結びつかない宇宙産業は、敬遠される傾向にありました。

そこで2002年、東大阪の町工場を中心に衛星を打ち上げようというプロジェクトが立ち上がりました。

それに伴うSOHLA(東大阪宇宙開発協同組合)の設立や、
2003年8月のJAXA関西オフィス設置など関西発の宇宙活動が盛んになってきました。

そのような状況の中で、「学生として我々に何か出来ることはないのか?」と考えKSEが発足しました。

クリエイション・コア東大阪に5人の有志が集まっての初ミーティングから始まり、
今では関西地区を中心に10以上の大学より20人ほどのメンバーが活動しています。

これまでの活動・活動実績

  • 2004年5月30日:山梨県清里村で慶應大学の学生が主催する水ロケット教室に協力。参加者:約30名
  • 2004年7月31日:大阪府営春宮住宅(東大阪市)にてロケットクイズを開催。参加者:約25名
  • 2004年11月6日:第48回宇宙科学技術連合講演会にて「関西の学生宇宙団体について」という題目で発表。
  • 2005年1月29?30日:多摩六都科学館にて行われた学生団体「Live in space project」主催の「FEEL…」に出展。
  • 2005年4月10日:大阪市立科学館にて「手作りロケット教室!」を開催。参加者は約200名
  • 2005年8月20日:大阪府立大学にて日本機械学会主催にて宇宙工学講座「水ロケットを作って飛ばそう」を行う。
  • 2005年11月10日:第49回宇宙科学技術連合講演会にて「学生にできる宇宙教育」という題名で発表。
  • 2006年3月4日:奈良市中部公民館にて「ミニ熱気球の製作」を行った。参加者:約30名
  • 2006年8月26日:関西国際空港で行われた「みんなで作ろう空港島」の一環として水ロケット教室を開催。参加者は約200名。

他にも宇宙関係の仕事に携わっておられる社会人の方に協力を頂いてお話を伺ったり、
初心者電気講習会などを開催して頂きました。
また、関東地区への研修旅行と題してつくば宇宙センターや宇宙科学研究所など宇宙関連施設の見学、
さらにKSEと同じような全国の学生宇宙団体とネットワークを形成し、
共同でJAXA理事と学生との意見交換会を3度(2004年4月26日,8月6日,2005年1月17日)開催しました。

また、「宇宙」をより身近に感じてもらうことを目的として、
東京の学生団体Live in Spaceが主催しているイベント「FEEL…」(2005年1月29,30日@多摩六都科学館)に協力しました。

さらに、東大阪を中心とする中小企業が集まった小型ロボット創造グループと共同でのロケット製作や、関西の若手技術者・教員などが集まった宇宙クラブ関西の一員として、フランスで打ち上げるロケット及び模擬衛星の製作を行いました。

団体情報

活動拠点・活動場所 大阪周辺
参加大学 京都大学、同志社大学、関西学院大学、和歌山大学、愛媛大学、
神戸大学、兵庫県立大学、福井工業大学、大阪工業大学、京都府立大学
活動頻度 月一回の会合
代表者名 空 栄一郎
ホームページ kse.jp/
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]