gakusaynet

GakuSayNet運営委員会の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのGakuSayNet運営委員会紹介ページ
 「やわらかな大学院生コミュティ創りを目指す」
 異分野の大学院生とつながりを持ちたいけど、知り合う機会がない!そのような大学院生への“きっかけ”を提供します。

活動趣旨

 多様な分野の大学院生が知り合うこと、そしてこれから関わりを持ち続けることで、以下の内容を実現します。

1. 発想をゆたかにし,新たな問題解決を導出する機会とする
ひとつの分野やひとりの人間の知は、分野を超えた様々な知とつながっています。しかし、異分野の知が出会い、つながる機会というのはなかなかありません。また、社会に存在する問題は、複合的・分野超越的であることが多く、一つの分野だけではなかなか解決できません。本企画では参加者がもつ多様な分野の知をつなげることにより、問題を多様な観点から検討する力や、専門分野に限らない豊かな発想力を身につける機会を提供します。

2. 自らの将来を別の角度から考える機会を提供する
大学院生はアカデミアの世界で研究するだけでなく、研究職以外の一般企業に就職する、留学するなどの様々なキャリアパスがあります。大学院生は、このような多様な選択肢を、自分の研究を進めながら考えていかなくてはなりません。本企画では、自分の専門分野内外の多様なキャリアを選んだ人々の生の声を聞き、また同じ悩みを抱える大学院生同士で議論することを通じて、参加者自身のキャリアパスについて今までと異なる角度から考える機会を提供します。

活動内容

GakuSayNet大学院生交流会(2011年12月10日(土)?11日(日))
分野を越えて、新しい発想への糸口をつかむためのワークショップ「異分野 クロストーク」、独自かつ様々なキャリアをお持ちの講師と、大学院生のキャリアパスについて考えるセミナー「より良いキャリアに進むために」を行います。

総研大ワークショップ(2007~2009)
 総研大ワークショップは分野の枠を越えた学術交流を通して新規学際分野の開発や分野横断型共同研究を行う力を身につけることを目的とした学生企画事業として過去4年間総研大で開催されてきました。
 GakuSayNet大学院生交流会はその流れを汲みつつ、総合研究大学院大学・北陸先端科学技術大学院大学・奈良先端科学技術大学院大学の三大学院大学合同の学生グループが共同企画・運営する他大学の大学院生同士との学際交流の場として展開します。今回の交流・異分野コミュニケーションを通して、多様な知識・発想を取り入れた新しい知を生み出す可能性を探ります。

団体情報

活動拠点・活動場所 それぞれの大学・地域
参加大学 総合研究大学院大学、北陸先端科学技術大学院大学、奈良先端科学技術大学院大学
活動頻度 週一
代表者名 鎌形貴範
ホームページ gakusaynet.naist.jp/
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]