この団体は活動を終了しました。

worldshit-osaka

WorldShift for Youthの団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのWorldShift Osaka紹介ページ
2010年4月に日本で「WorldShift」のムーブメントがキックオフされました。
WorldShift Osakaはこのムーブメントを多くの人に、
特に、未来を担う若者に広めるために、11月13日・14日に大阪万博の跡地で開催されるイベントです。
「どうする?この世界を。」
あなたも私たちと一緒に地球のことを考えてみませんか。

活動趣旨

 テーマ
21世紀の「進歩と調和」とは ~若者が世界に問いかける~

参加者には、多種多様なロールモデルを提示することと、「二つの汗」を通して登壇者と同じ感覚を共有してもらうこと。登壇者には、シフター同士が良い影響を受けあう環境作りと、WorldShiftに乗り遅れてはいけないと鼓舞すること。何よりも使命感を持ってもらうことを目的としております。

1992年、ブラジルのリオデジャネイロで行われた地球サミットにおける一人の少女の発言が、以後の世界に多大な影響を与えました。2年後の2012年、そのリオデジャネイロで地球サミットが開催されます。さらに、今年2010年を国連が「国際ユース年(International year of youth)」と認定しました。

人々はこのところ、こぞって本物志向となりつつあります。「本物の味」が、これほど問われた時代があったでしょうか。本物を求めずにいられない時代は、逆に言うならイミテーションが氾濫している時代であり、とても不幸な時代だと言えます。あまりにも本物が少ないために、人々の無意識の心の中に不安が広がっているように思えます。

私たちはワールドシフトとは「心のシフト」だと考えています。そして、その「心のシフト」が一番必要とされているのは私たち若者です。経済的に豊かな時代に育ってきた私たちの世代では、どうしてもこの世の中は既成の大人たちが作ってきたもので、一傍観者的観客として加わっていくに過ぎないという意識がありました。自分たちが主体的に関わって何かを変えていくという経験をしたことがあまりなく、はたして自分たちに何が出来るのだろうか、と悩みました。

しかし、世界の動きを見ていたら、立ち止まっている時間はありません。国際ユース年である今年、若者から日本中へ、そして世界へ向けてアクションを起こし、一歩ずつ未来へと進んでいこうと私たちは動き始めました。

何か行動を起こすためには、世の中に興味を持つことが必要です。誤解を恐れずに言うならば、若者から見てカッコイイ大人があまりにも少ない、表に出てきにくいことが無関心な人が多い原因だと私たちは考えます。そこで本企画ではロールモデル足りえる、沢山のカッコイイ大人にご登壇・ご参加して頂きます。

「心のシフト」と一言でいっても、具体的に何をどうすれば良いのかということは正直分かりません。しかし、この企画を若者の手で主催して自己表現することで、若者は確実に変わりますし、ひいては日本は、世界は変わると確信しています。
本企画が、様々な人たちが手を取り合って、未来へ歩んでいく契機となりますことを切に願います。

活動内容

WorldShift Osakaの企画・運営・渉外・当日運営
個人の希望する範囲で自由に活動に参加していただいております。

スタッフ希望の方はお問い合わせアドレスへ。

当日参加希望の方は公式ホームページ・参加申し込みページよりお願いします。

団体情報

活動拠点・活動場所 当日会場:大阪万博記念公園エキスポランド跡地「ファームエキスポ」内 イベントホール及びその周辺一帯 関西・関東
参加大学 関西学院大学,慶応義塾大学,慶應大学,早稲田大学,大阪市立大学,大阪大学,
中央大学,東京大学,同志社大学,日本大学,法政大学,立教大学,立命館大学
活動頻度 イベント当日 11/13・14
代表者名 鈴木・宮川
ホームページ worldshift-osaka.com/
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]