ut-iris

UT-IRISの団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのUT-IRIS紹介ページ
東京大学学生国際交流機構(University of Tokyo International Relations Institution of Students: UT-IRIS)は、東京大学の学生国際交流活動の促進と「東大生の国際化」を使命としている団体です。ポータルサイトや毎週発行されるメールマガジンを通じて、国際ニュース・講演会・プログラムなどの有用な国際情報を提供しています。

活動趣旨

2004年の国立大学法人化以来、東京大学はかつてない激動の中にあります。

この新たな時代に先鋒を切り様々なリーダーシップを発揮してきたことにより、東京大学は内外から高い評価を得てきました。
国際化という観点からも大学間・部局間の国際交流活動は近年、急激に活発化しております。
そしてこの潮流の中、東京大学の学生、すなわち「東大生」にも今まで以上の国際性とグローバルなリーダーシップが求められています。

東京大学学生国際交流機構(University of Tokyo International Relations Institution of Students: UT-IRIS)はこのような背景を踏まえ、東京大学の学生国際交流活動の促進と「東大生の国際化」を使命として2007年7月に設立されました。

ここで言う東大生の国際化とは諸外国への旅行のような「海外体験」だけではありません。
UT-IRISが目指すのは東京大学および日本を背負い、高い国際的アウェアネスと、各国の学生達と尊敬し合える素養を備えた「新たな東大生像」です。

そこには文系と理系の違いも、専門の違いもありません。
あるのは、諸外国との相対の中で自国を理解し、海外の大学との相対の中で東京大学を捉え、海外の学生との相対の中で自分を感じる心です。

世界のために日本ができることは何なのか。東京大学ができることは何なのか。そして自分にできることは何なのか。
その答えは千差万別であり、国際交流に参加したからといって簡単に答えが見つかるものではないでしょう。

しかし、国際交流にこそこれらの問いを自問する大きなきっかけが眠っている、そしてこの問いを自問する学生が増えることこそ、いつか世界を少しでも良い方向に向かわせる大きな力になるとUT-IRISは信じています。

毎年3000人以上の志高き学生が新たに門を潜る東京大学において、彼らが国内外の優秀な学生と肩を並べ、切磋琢磨し、共に世界の未来を描いていける環境に寄与することが私たちの使命であり、抱き続ける志です。

活動内容

  • ポータルサイトの運営
  • メールマガジンの発行
  • UT-IRISでは、国際ニュースや講演会・プログラムなど国際情報満載のメールマガジンを週一回お届けしております。
    ご登録はこちら
    バックナンバーはこちら

  • スタッフブログ
  • UT-IRISってどんな人達が運営しているの?と疑問な方、UT-IRISのスタッフが徒然なるままに綴るブログも是非ご一読ください。

  • これまでの活動
  • 東京国際学生会議(Tokyo International Students Summit: TISS)
    UT-NTU Bridge Conference 2008   など

団体情報

活動拠点・活動場所 東京大学 本郷キャンパス
参加大学 東京大学、東京大学大学院
活動頻度 週1~2回のミーティング
代表者名 荒井洸
ホームページ ut-iris.org/index.html
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]