Linking East Asian Future(LEAF)の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのLinking East Asian Future(LEAF)紹介ページ
LEAFは日本・中国・韓国の学生が運営する国際学生団体です。東アジアの課題を解決し持続可能な発展に寄与していくことを目的とし、広く強いネットワークを築くための様々な活動(学生フォーラム、留学生交流会など)を行っています。

活動趣旨

LEAFは、2007年秋に創立された新しい団体です。
『現在東アジアの国家間関係にある溝を、
将来を担う若者が学生のうちから仲良くなることで改善し、
東アジアのよりよい未来を築いていきたい』という日本、中国、韓国の学生の想いが
集まってLEAFは生まれました。
LEAFは、東アジアの学生が共に過ごし、現実の課題に目を向け熱く意見を交わし、
共に自分達の未来を考える場を提供します。
LEAFで出会った学生との交流や問題意識の共有によって信頼が生まれ、個人個人がまずは大切な友人同士となり、東アジアの課題に協力して取り組んでいこ うという絆が生まれるでしょう。更には、視野を広く持ちながら行動を起こせる将来のリーダーとなりうる学生が、LEAFのネットワークの中から育っていく でしょう。
それが、東アジアを変えることができる力になると考えています。

活動内容

  • 学生フォーラム
  • 2008年度実績

    1. 日本セッション
    2. (開催地:東京 開催期間:5日間)
      参加学生:各国20名ずつ 60名
      公開シンポジウムに参加してくださった一般の方:70名

      後援:外務省

      助成:

      (財)日韓文化交流基金
      (財)平和中島財団
      協賛:

      株式会社アサヒビール
      株式会社サイマル・インターナショナル
      ヒューマンホールディングス株式会社
      松下電器産業株式会社
      国際連合大学
      ジャパンメディアシステム株式会社
      メディア実績:

      朝日新聞
      NHKラジオジャーナル、など
    3. 中国セッション
    4. (開催地:北京 開催期間:4日間)
      参加学生:各国20名ずつ

      助成:(財)三菱UFJ国際財団

      協賛:株式会社日中新聞社
  • 留学生交流会
  • 年に1度の学生フォーラムに加えて、
    日本にいる中国、韓国出身の留学生と付きに1度交流会を行っています。これまで、食事会、お花見、バーベキューなどを行いました。
    今後も毎月、スポーツ大会や東京周辺への観光など様々なイベントを企画しています。

  • SNSづくり
  • LEAFで生まれた各国学生の絆を維持し、さらに拡大するために、LEAF独自のSNSづくりを行っています。将来的には、LEAFに関わった学生や社会人だけでなく、日本、中国、韓国の一般の人々にも公開し、情報交換の場にしていきたいと思っています。

団体情報

活動拠点・活動場所 東京大学本郷キャンパス、慶応大学三田キャンパス、新宿、渋谷など(活動場所は適宜変更)
参加大学 東京大学、慶応大学、早稲田大学、東京外国語大学、中央大学、法政大学、上智大学
活動頻度 ミーティング:週1回、その他活動に応じて各自仕事を受け持ちます。
代表者名 林達
ホームページ leaf-japan.net/
お問い合わせ [tegaki]info @ leaf-japan.net[/tegaki]