ALSA Japan (アジア法学生協会ジャパン)の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのALSA Japan (アジア法学生協会ジャパン)紹介ページ
ALSA(the Asian Law Students’ Association)はアジア11カ国地域の1万人以上の法学生から構成されるアジア最大の法学生団体です。地域的協調に基づく平和で公平な社会の実現という理念の下、法学生の協調の枠組みの構築と、法文化の多様性の認識を目的として、アジア及び世界の法学生・実務家・学識者との交流対話を行っています。

活動趣旨

  • 【理念】
  • 地域的協調に基づく平和で公平な社会の実現

  • 【目的】
  • 法学生の地域的、国際的信頼の醸成と協調の枠組みの構築
    法文化の多様性の認識と法の普遍性の探求

  • 【手段】
  • アジア及び世界の法学生、実務家、学識者との交流対話
    法的思考能力の探求と人間性・国際性・社会性・学際性の追及

  • 【沿革】
  •  2002年に東京で行われたThe Asian Law Students’ Forumにて、アジア各国・地域に存在していた法学生の組織や団体、 東南アジア各国の法学生団体によって構成されていたASEAN Law Students’ Associationが合併し、 The Asian Law Students’ Associationとして活動していくことに合意がなされました。アジア地域は、多様な文化・価値観を有し、その多様性ゆえに多くの問題を抱えています。このようなアジア地域において次代を担うアジアの法学生が共に成長し、共に活動する必要性がある、という認識がALSAの構想の原点です。

     2010年度現在、インドネシア・韓国・シンガポール・タイ・台湾・中国・日本・バングラデシュ・フィリピン・香港・マレーシアの 11カ国・地域の大学が加盟しています。

     日本では中央大学・東海大学・東京大学・一橋大学・立教大学・早稲田大学が加盟している他、この6大学以外にも会員が在籍しています。

活動内容

ALSA Japanの活動は主に国際活動と国外活動に分けられます。

 【国際活動】

  1. Asian Forum (8~9月)
  2.  全ての加盟国・地域の法学生が参加するALSA最大の企画であり、年に一度行われる総会です。次期のALSAを運営する役員の選挙や、今後の展望についての議論が行われます。その他にもテーブルディスカッションや文化交流が行われます。多くの国・地域からの参加者が集うことによって、より多くの価値観・より多彩な価値観に触れることができます。

  3. Asian Conference(1~3月)
  4.  AF同様、全ての加盟国・地域の法学生が参加する国際企画です。開催され、約1週間から10日間の中で、ディスカッションの分科会や各国対抗のディベート大会や模擬裁判なども開催されるなど、AFと異なり、学術活動・文化交流に主眼を置いた企画です。

  5. Study Trip (通年)
  6.  2国間もしくは多国間による国際交流企画です。約1週間の中で、?ディスカッションやシンポジウム、社会見学などの学術交流、?互いに言語を教え合うLanguage Classや各国文化紹介をするCultural Nightなどの文化交流を行います。互いの国の理解促進と友好・信頼関係の醸成を主な目的としています。

  7. 提携団体との交流
  8.  オーストラリア、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパ各地域のALSA Japanと提携関係にある法学生団体(European Law Students’ Association: ELSA)が開催する企画へ毎年参加しています。
     <提携団体>
    The Australian Law Students’ Association
    The European Law Students’ Association
    The International Law Students’ Association

  9. インターンシップ
  10. 将来国際的に活躍する人材の育成を目的に、会員の中から海外の法律事務所やNGOなどへ、インターンシップ生の派遣を行っています。

 【国内活動】

  1. 大学支部ごとに行う学術活動
  2. 加盟大学ごとに週1回程度の頻度で、社会問題に関するディスカッションを英語・日本語を使って行っています。その他、シンポジウムの開催やフィールドワークの実施など、大学では得られないような学習環境を提供しています。

  3. ALSA Japan全体として行う学術活動
  4. 大学の枠を超えてディベート大会・模擬裁判、有識者を招いての学術分科会を行い、興味ある法分野の知識の深化、論理的思考力等のスキルアップを図ります。過去においては、国際取引に関する模擬裁判やディベート講習会、人身売買に関するシンポジウム等が行われました。

  5. 他ALSA加盟国の法学生との間で行う国際的な学術活動
  6. 他ALSA加盟諸国の学生とテレビ会議を通じてディスカッションを行うなど、アジアのネットワークを活かした学術活動を行っております。

  7. 他学生団体との交流
  8. これからの社会を担う存在である学生が変われば、社会、また世界は変わります。 しかし、どんなに問題意識が強くても、独りよがりな問題の見方では、いつまでたっても問題は解決できません。 このような考えの下、ALSAは他団体との学術交流を行っています。過去には医学生団体との学術交流会を実施しました。



活動の詳細についてはこちらをご覧ください
www.alsa-jp.net/activity/index.html

活動風景

イベント風景1 イベント風景2 フリーペーパー表紙1 フリーペーパー表紙2

団体情報

活動拠点・活動場所 国内・国外の加盟大学
参加大学 中央大学、東海大学、東京大学、一橋大学、立教大学、早稲田大学、その他アジアの大学
活動頻度 週1回の勉強会およびミーティング
代表者名 彌永 彩果(いよなが あやか)
ホームページ www.alsa-jp.net/
Blog blog.livedoor.jp/alsa_japan/
Twitter @ALSAJapan
お問い合わせ [tegaki]vp.public-relations @ alsa-jp.net[/tegaki]