a

日本国際学生協会の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの日本国際学生協会紹介ページ
日本国際学生協会(The International Student Association of Japan略称:ISA)は、日本各地の学生達が各々の学校の枠にとらわれず、国際問題の研究や国際学生会議、外国学生団体との学生交換プログラムなどを通じ、国際的な相互理解を推進している学生団体です。
現在全国6支部(京都、大阪、神戸、岡山、九州、東京)で運営しており、約500名の会員が在籍しています。

活動趣旨

【ISAの理念・目的】
ISAの理念・目的は5つ挙げられます。

◎世界平和達成への貢献
◎文化交流
◎現実に対する深い認識
◎「人類は一つである」
◎人間性の尊重

ISAは、学生の手による諸外国との文化交流、及び対話を通じて相互理解を深めることによる世界平和達成への貢献を目的としています。
私たち人類は20 世紀において二度に渡る凄惨な世界大戦を経験しました。日本にあっては
ヒロシマ、ナガサキにおいて核兵器の恐ろしさを体験し、その人間性の損失といってもお
かしくはない罪科を支払ってきました。21世紀の今、人類は二度とその過ちを犯してはな
りません。世界の恒久的平和達成のために必要なことは、現実に対する深い認識を持った
上で、ヒューマニズムに則り「人類は一つである」という共通認識を育むことにあると私
たちは捉えます。私たちは世界に存在するあらゆる争いの要因を一つ一つ除去する為に最
善の努力をしなければなりません。この崇高なる目的を達成する為に、私たちは共通の場
を持ち、国家、人種、信条を始めあらゆる垣根を越えお互いの人間同士の心に触れ合い、思想以前の実感としてのヒューマニズムを人間性の尊重にまで高めたいと思います。
私たちは一つの思想を偏することなく、文化交流という手段を講じることによって、各国間、ひいては世界全体に存在するあらゆる不信・猜疑・敵対心と誤解を消去し、国際的相互理解を深め、世界平和達成への貢献につとめていきます。

活動内容

ISAの活動な主に4つあげられます。
1.国内での国際交流
2.海外での国際交流
3.会員間での交流
4.支部での活動

1.国内での国際交流
現在ISAには4つのプログラムがあります。
国際学生会議
日韓学生会議
世界観光学生サミット
国際協働プロジェクト
これらの4つのプログラムはISAに所属している学生会員のみで運営が行われています。

2.海外での国際交流
・Exchange Program(2国間交流)
交流国・・・韓国、フィリピン、モンゴル、インドネシアトラジャ
・International Week(多国間交流)
交流国・・・ヨーロッパを中心に22カ国! !

3.会員間の交流
・全国合宿(5月、10月)
・他団体との交流会
・OBOG会(11月)
・支部間交流行事
 ハロウィンパーティー、大夜会、全国支部会など

4.支部活動
6支部各々が毎週ディスカッションや世界の料理、
たまにはスポーツ大会や飲みなど
オン・オフ切り替えて楽しく活動しています♪

団体情報

活動拠点・活動場所
参加大学 九州支部(北九州市立大学)
岡山支部(岡山大学、ノートルダム清心大学)、
大阪支部(関西大学)
京都支部(同志社大学、同志社女子大学、京都大学、京都外国語大学)
神戸支部(神戸大学、関西学院大学、甲南大学、神戸女学院大学、松蔭女子学院大学、武庫川女子大学、大阪国際大学)
東京支部(立教大学、東京大学、慶応大学、早稲田大学、青山学院大学、上智大学etc…)
活動頻度
代表者名 郡山 めぐみ
ホームページ www.isa-japan.org/
お問い合わせ [tegaki]i_s_a_japan@yahoo.co.jp[/tegaki]