日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの日本国際保健医療学会学生部会(jaih-s)紹介ページ
国際保健医療に興味を持つ様々な分野の学生に対し、出会い、刺激しあい、共に学ぶための場を提供する学生団体です。

活動趣旨

私達の活動理念は以下の3つです。

  1. 学生・先生のつながりを大切にしています
  2. jaih-sの活動を支えているのは、人間のつながりです。同じ興味や目標を持ち学ぶ学生同士の横のつながりはもちろん、国際保健医療の第一線で活躍される先生方との縦のつながりを大切にしています。

  3. 大学では得られない学習環境を提供しています
  4. 海外でのフィールド実習や、同じ目標を持つ学生が出会い学ぶための合宿、学会でのセッション、先生方へのインタビュー企画など、学生による企画で、大学内だけでは得られないような学習環境を提供しています。詳しくは活動の項目をご覧下さい。

  5. 様々な分野からの活動参加をお待ちしています
  6. 国際保健医療の現場には、医療系だけではない多分野の専門家が関わっています。Jaih-sの活動にも、保健医療分野のみにとどまらず、政治、経済、環境、教育、福祉、人権など、幅広い分野からのご参加をお待ちしています。

活動内容

私達は以下の6つの活動を軸に年間と通して活動しています。

 【総会ユースフォーラム】
年1度(10月頃)日本国際保健医療学会学術大会の開催に合わせて学生主催のユースフォーラムを開催しています。国際保健にまつわる様々なトピックを扱い、講演会やワークショップを行います。世界の第一線の先生方と触れ合えるまたとない機会です。

 【地方会ユースフォーラム】
年2回(3月頃)東日本地方会と西日本地方会の開催に合わせて学生向けのセッションを開催します。これまでに東京、大阪、名古屋、神戸、静岡、岡山などで開催しています。

 【国際保健トレーニング合宿】
豊富な講師陣と共に国際保健を深く学ぶ合宿形式の勉強会です。普段の講義やセミナーだけでは物足りないと感じている方、海外まで行く余裕はないけれど深い知識を身につけたい方には最適です。

 【学生フィールドマッチング】
まずは海外の現場を体験したい!実際の援助のプロジェクトを見学したい!という学生のために、
春・夏の長期休みに合わせて海外実習の奇怪を提供しています。これまでにアジア、アフリカ、南米、中東など世界各地へ80名以上を派遣してきました。受け入れ先もJICAプロジェクト、NGO、WHOなど豊富です。

 【勉強会(国際協力ワークショップ)】
「国際保健を学びたいけれど、地方に住んでいてなかなか機会がない」…という方のために、月約1?2回の頻度で全国各地で勉強会を開催しています。これまでに全国各地で20回開催し、北海道、弘前、愛知、岡山、香川、金沢、鹿児島などで開催しております。

 【オンラインラーニング】
私達のHPでは誰でも気軽にアクセスできる勉強ツールを取りそろえております。
将来のキャリアプランを考える「インタビュー企画」「先生ご紹介」、便利な「国際保健用語集」
そして最新のイベント情報を更新する「掲示版」「メーリングリスト(要加入)」
是非お気軽にアクセス下さい。

活動風景

団体紹介movie



団体情報

活動拠点・活動場所 全国各地の大学
参加大学 全国各地の大学
活動頻度 年間を通してイベントが開催されています。
代表者名 小澤萌(宮崎大学医学部4年)
ホームページ www.jaih-s.net/
お問い合わせ [tegaki]info @ jaih-s.net[/tegaki]