no

日本ベトナム学生会議の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの日本ベトナム学生会議紹介ページ
日越学生会議(JVSC)は、日越学生間の交流を活性化し、日本とベトナムの架け橋となるべく2006年に設立された学生団体です。
JVSCは首都圏の大学生を中心に構成され、本会議におけるイベント企画や組織運営は、すべて学生が主体となって行っています。

活動趣旨

【理念】
学生の立場を生かし日越友好に貢献

【目的】

  • 将来を担う両国学生が、学生という立場を生かした率直な討論や交流活動を通じ、価値観や問題意識を共有する
  • 当会議を通して得た経験、見識を社会に還元すべく、日本人にとってのベトナム、ベトナム人にとっての日本をより身近な存在になるよう社会に働きかける
  • 理念の下、参加者の自己実現、自己成長を図る場とする

活動内容

  • 定例会
  • 定例会を毎週土曜日に早稲田大学19号館にて行っています。
    定例会では、本会議におけるイベントの企画等の団体運営や、
    ベトナムに関する知識を拡充させるために、勉強会を行っています。
    勉強会では、毎回ベトナムに関するテーマを担当者が設定し、
    皆で議論することにより理解を深めています。
    勉強会のテーマは本会議における分科会討論やフィールドワークと関連したものが中心となっており、 定例会や勉強会を通し、メンバー一丸となって渡越に向けた準備を行っています。

  • 本会議
  • 本会議はJICAなど多くの方々の協力の下、ハノイとフエの2都市にて行われています。
    現地では、分科会討論、文化交流会、企業訪問などのフィールドワークを中心に活動しています。

    • 分科会討論
    • 4つの分科会を設置し、日越学生の関心の高いテーマについてプレゼンテーション、討論を行っています。
      両国学生が共に学び、準備を進め、率直な意見交換を実現させています。
      これまで、「ODA」、「教育」、「環境」などの日越間だけではなく、
      今日の世界を取り巻くテーマについて討論会を実施してきました。

    • 文化交流会
    • ベトナムをより深く理解するために、また、日本のことをより深く理解してもらうために、
      文化交流会やそのほか多くの交流イベントを企画しています。
      文化交流会では両国学生の趣向を凝らした演目が披露され、日越学生の親睦がよりいっそう深まり、 笑顔のたえない時間を日越学生が共有しています。

    • フィールドワーク
    • 近年、成長が著しいベトナムの姿を多角的に捉えるために、
      多くの方々に協力して頂いてフィールドワークを実施しています。
      これまでのフィールドワークには、ODAによって建設された 橋や道路などのインフラ施設の建設サイトや総合商社出資の工場団地での調査等 様々なフィールドワークを行い、ベトナムと日本の関係やベトナムの現状について、 実際に目で見ることにより、理解を深めています。

団体情報

活動拠点・活動場所 早稲田大学
参加大学 慶應義塾大学、一橋大学、千葉大学、中央大学、日本女子大学、清泉女子大学、理科大学、フェリス女学院大学
活動頻度 週1回の定例会
代表者名 亀井尚太
ホームページ jvsc.net/
お問い合わせ [tegaki]jvsc.info @ gmail.com[/tegaki]