学生団体SWITCHの団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびの学生団体SWITCH紹介ページ
私たちSWITCHは、2009年3月に設立した17以上の大学から集まった1・2学年47名で活動させて頂いています☆楽しいことは大好きです。だけど、ただその場で楽しいだけ、変わり映えのない毎日では物足りなかった。「楽しい+α」のαがなければ、充実といった言葉とはどこかかけ離れていて、どうにかその変わり映えのない学生生活を切り替えたい、SWITCHしたい、そんな想いを持って結集した仲間たち、それがSWITCHです。

活動趣旨

私たちは、SWITCHという場で、学生生活を切り替える環境、キッカケをもらいました。
次は、同じような想いでいる学生にキッカケを届ける番なんだと思うんです。
「自らの利益だけを考えて行動するのではなく、誰かのために自分ができる最大限のことをしていくこと」
この理念のもと、様々なキッカケを届けられるような企画をしていきます。

活動内容

学生団体SWITCH!企画第1弾!
★『Charity Sports Festival』★
これは、本格的な競技場を貸し切って行う学生500人規模の学生大運動会☆
小学校や中学校で行ったような懐かしい競技を、おもいっきり汗をかいて、おもいっきり笑って、仲間と楽しんでもらえたらなと思っています。
しかし、ここまでではただの「楽しい運動会」です。
私たちが提供したい企画は、「楽しい+α」かつ「自らの利益だけを考えて行動するのではなく、誰かのために自分ができる最大限のことをしていく」イベント☆
この運動会で参加者の皆さんから頂いた参加費は、会場費・運営費を抜いた全額を、バングラデシュのストリートチルドレン支援活動を行っている団体「エクマットラ」の自立支援のための職業訓練施設「エクマットラアカデミー」の建設費として活用して頂きます。
楽しいだけでは、終わりません。

この企画でいう「楽しい+α」のαは3種類あります。

  1. 「海外に目を向ける」こと。
  2. 「運動会」という楽しくて入りやすい入口から、新しいチャリティの形を提案します。日本の学生の「楽しかった」という笑顔を、バングラデシュのストリートチルドレンの笑顔に変えます。

  3. 「新たな出会いで新しいアクションを起こす」こと。
  4. 出会いは、新たな扉を開く最も大切で身近なSWITCHです。初めて出会う人同士でも、協力したり、競争したり、誰もが小さい頃楽しんだ「運動会」を通じれば、仲は自然と深まるものです。

  5. 「刺激のgive&take」こと。
  6. 他人の利益を考えて活動するボランティア団体の学生、組織を束ねる団体の代表、夢に向かって勉強中の学生、人の集まる場所にはたくさんの刺激が転がっています。刺激をもらったり、届けたり、そういった楽しい+αの場になればと思っています。
    この企画は、毎年この時期開催致します☆

団体情報

活動拠点 その都度変わります☆
参加大学 明治、法政、明治学院、日大、国士舘など17大学以上
活動頻度 月に5回程度(主に木曜、土曜)
代表者名 吉田 勇佑
ホームページ ameblo.jp/switch012/
お問い合わせ [tegaki]switch.012 @ gmail.com[/tegaki]