csu

カンボジア支援団体 CSUの団体概要

カンボジア支援団体CSUは大学生を中心に、カンボジアの子どもたちの教育支援を行っています。寮の建設・運営と、子どもたちに生活費の支給を中心に活動しています。(里親制度)日本では、イベント・交流会・募金を通して、現地の現状について知っていただくと同時に、寄付金を集めています。支援先は、カンボジアのシェムリアップ州郊外にある、トンレアップ村の小学校”YOSIMASA学園”です。

活動趣旨

【設立趣旨】
設立のきっかけは、現地への訪問です。その後、現地の人たちだけでは自らのニーズを満たすことができないと感じたため、お世話になったこのトンレアップ村の方々へ私たちが支援をしたいと思い支援活動を始めました。
【活動目的】
活動目的は、毎日労働をさせられる子供たちのために寮を運営し、生活費を支給することです。その方法として、里親制度を行っています。
支援先YOSIMSA学園には、親と共に出稼ぎをしなければならない子どもたちがいます。そのため、子どもたちは勉学に励むことができないのが実情です。学校創設者の方によれば、寮で子供たちが生活することで、生活面での不安が取り除かれ、勉強に集中して取り組むことができるそうです。
【実績・計画】
8月中旬 寮の建設を開始しました。
10/1? 里子が寮で生活を始めます。

活動内容

【活動内容】
中部本部(名古屋・三重)と、関東・関西(大阪・京都)・四国支部の6チームで活動しています。中部本部はイベント、関東支部は交流会、関西支部は募金を通して、カンボジアの現状についてしってもらうと同時に、寄付金を集めています。

【活動実績・予定】
〈中部本部〉5月は名古屋大学「夢を実現するプロジェクト」コンテストで一等賞を受賞。6月はNAGOYA学生EXPO2012、『それでも運命にイエスという。』上映会に出展。7月はTS異業種交流会に参加。8月は国際チャリティーパーティーを開催。10月はワールド・コラボ・フェスタに出展予定。
〈関東支部〉9月にはチャリティー交流パーティーを開催予定。

団体情報

活動拠点・活動場所 名古屋大学・大阪駅前・京都駅前
参加大学 名古屋大学・中京大学・愛知大学・NGU・皇學館大学・神戸大学・和歌山大学・大教大
活動頻度
代表者名 板谷 和哉
ホームページ 公式サイト
Facebookページ
お問い合わせ [tegaki][email protected][/tegaki]