sciencelink2
サイエンスリンク団体名 サイエンスリンク
サイエンスリンク代表者名 佐野 雄図
サイエンスリンク活動場所 おもに 早稲田大学学生会館・東京大学駒場キャンパス
サイエンスリンク活動人数 10人
サイエンスリンクWeb sc-link.net

sciencelink3sciencelink4sciencelink1

キャッチコピー

大学生と子供、大学生と社会、そして大学生同士を科学で繋げ!

団体紹介

サイエンスリンクは2012年から実施されている子供向けの体験型大規模科学イベントです!2015年の3月には第六回を実施予定です。
最近、子供たちの理科離れが進み小学校でも理科の専門教員を設置するなど具体策が検討されています。その中で、ひそかに勢いを増しているのが「サイエンスコミュニケーション」(通称SC)という活動です。 SCとは科学を一般の方へ伝える活動全般を指します。
そして、その勢いは大学生にも波及しここ10年ほどで多くのSC関係団体が各大学に登場。

しかし、各大学にSC団体が設立される中、その団体が繋がり、社会に対してSC活動の必要性を発信する場はありませんでした。そこで、作られたのが「サイエンスリンク」というイベントです。私たちは主に子供を対象とした科学実験教室などのSC活動を行っている団体を集め、参加者数5000人規模の大きなイベントを作っています。イベントでは子供たちに科学実験を教えながらも、内覧会などでお互いの技術を磨きあう場を提供しています。最近では、高校の科学部などの参加も増えてきました!

東京都内で実施するサイエンスリンクでは東京都教育委員会の後援をいただき、独立行政法人からの基金で活動を行っています。しかし、このイベントをもっと充実させ、より多くの子供たちに科学を伝え、多くの人を科学で繋げるにはもっと学生たちの力が必要です!

「教育イベントを運営しみたい!」 「子供たちに科学を学ぶ喜びを伝えたい!」 「理科教育に関して視野を広げたい!」
そんな人は是非、ご連絡下さい。イベント運営は子供・学生・社会人の多くの方々と触れることができるので、間違いなく視野を広げられるはずです。
HPに説明会情報なども掲載予定(2014年9月現在)なので、チェックしてみてくださいね!

活動内容

私たちはサイエンスリンクという体験型科学イベントを運営しています! 「サイエンスリンクとは何か? 」についてはこのページの団体紹介の項をご覧下さい。
活動は毎週土曜日の夜にskype上での会議を行い、月に1~2回対面での会議を早稲田大学または東京大学にて行っています。これにプラスして、代表や希望者は科学館や東京都、企業などの打ち合わせやイベントに出かけます。
週に1回の会議で細かいイベント詳細(たとえば、出展する団体の実験内容を確認したり、装飾どんなの作るか話したり…)を話し、対面での会議で運営事務局が行う特別企画のブレストやその他重要事項の話し合いをします。

対面会議後に(お金に余裕ある人は)ご飯を食べに行ったり、ちょっとしたイベントのお手伝いに行ってみたり…
定期的に遊びに行ったりということはありませんが、仕事ついでにいろいろなことをしています。何よりも、イベント運営をしていくなかでいろんな人に会ったり話したりして、自分の世界が広がっていくことが楽しいですよ!

会議では自分が「やりたい!」って思ったことにほかの人からアドバイスをもらって、もっといい企画などにしていきます! 一人ではできないようなことや思いつかないことも、ぽんぽん出てくるような雰囲気で活動しています。

団体メンバーはいいね!