todaimikanclub3
東大みかん愛好会団体名 東大みかん愛好会
東大みかん愛好会代表者名 清原優太・太田裕基
東大みかん愛好会活動場所 新宿、渋谷、各地のみかん農園
東大みかん愛好会活動人数 約50名
東大みかん愛好会Web mikanclubuticu.wix.com/mikanclub

todaimikanclub4todaimikanclub2todaimikanclub1

キャッチコピー

日本のみかんの消費量を増やす

団体紹介

全国で唯一の「みかん」に特化した学生団体です。みかんの消費量が全盛期の3割まで減少している状況を受け「みかんの消費量を増やす」を理念を掲げ活動しています。生産量ではなく「消費量」を増やすことを目標としているように、消費者側からみかんを盛り上げます。愛媛県や和歌山県など全国各地の自治体・行政や企業、生産者と連携しながら、みかんのプロモーション(=話題作り)・ブランディング(=新しいみかん像の確立)を行っています。

活動内容

以下の方針をもとに、みかん愛好会の理念「みかんの消費量を増やす」を達成するために活動を行います。

1.「話題を巻き起こす」
みかんに興味がない人も思わず振り返ってしまうような話題性のある活動を行います。どう話題性を巻き起こすかメンバーのアイディアの発揮しどころでもあります。

<過去の活動>蛇口からみかんジュースが出る装置の設置・みかんの皮飛ばし選手権世界大会の実施・学園祭における「焼きみかん」の販売・東京大学における2日間でのみかん5000個の無料配布など

2.「楽しく学ぶ」
みかんについて外部の人もメンバーも楽しく学べる企画を行います。

<過去の活動>愛媛県への夏合宿・みかん料理教室やみかんスイーツ教室の実施・みかん酒飲み比べ企画の実施など

3.「全国のみかん産地と連携する」
全国のみかん産地と連携して商品開発などによりその地域のみかんの魅力を発信します。

<過去の活動>愛媛県中島のNPO団体農音と連携した実用的な合格祈願商品「合格いよかんイ?よかん」の販売・和歌山県とコラボして京都の結婚式場でみかんのスイーツを企画及び販売など

団体メンバーはいいね!