STUNITY.

団体紹介

?学生をつなぐ、社会をつなぐ?

何かやりたい!と学生生活をしていて思うことは多いのではないでしょうか。そう思っていざ行動しようと思ってもどうしたらいいか分からない・・・

そんなあなたが活躍できる場所がSTUNITY.です。

STUNITY.では多種多様なメンバーが集まり多種多様な活動を行うことができる環境があります。ジャンルを問わす国際・教育&ペニーハーベスト・被災者支援・熟議といった活動を展開しています。

国際
国内の学生と海外の学生をつなぐべく活動を行っています。これまでに中国やシンガポールに出向き現地の学生を巻き込んだ活動を行っていきました。今後は国内でも活動を行っていく予定です。
教育&ペニーハーベスト
子どもたちの学習支援やペニーハーベストといって小中高校生が地域や自分達の課題について話し合い、その資金源を募金し、行動していく。教育手法である”サービスラーニング”としてアメリカで盛んに行われている活動の日本版を作っています。今後は既存の活動と共に企業のCSRを活用した活動も行っていきます。
被災者支援
福島の子どもたちの支援活動や実際に被災地に赴いての活動をしています。最近では慶応ファッションコレクションとのコラボ企画でチャリティ活動を行ったりしました。今後も活動の幅を広げていく予定です。
熟議
まず「熟議」とは、課題に関わる様々な当事者が所属、性別関係なく対等な立場に立ってその課題について学習・熟慮し、討議を重ねながら解決策を見出し、政策を形成していこうとするプロセスのことです。文部科学省発祥の政策です。活動内容としては、熟議を開催したり熟議を開くためのファシリテーションの勉強会を行っています。

これらの活動は多くの学生や社会人、NPO・NGO団体、地方自治体を巻き込んで活動しています。学生に留まらない活動は様々な場所で活躍されている人とのつながりをもつことができます。

一人ひとりが自発的に動くことによって、企画力、プレゼン力、行動力、リーダーシップなど他の学生が身につけることができないような力を身につけることができます。

ONの時はしっかりと活動しOFFの時は楽しむこともモットーとしています。

やる気と責任感があればどんな学生でも大歓迎です。今の自分から一歩踏み出して多種多様な活動を通じて様々な経験をし、学生生活を将来を充実したものにしませんか?
ぜひ共にSTUNITY.で活動しましょう!!

随時説明会を行っております。みなさんの連絡をお待ちしています

活動内容

STUNITY.では主に4つの部門に分かれての活動をしています。国際・教育&ペニーハーベスト・被災者支援・熟議が主な活動です。どの部門もメンバー一人ひとりが自発的に取り組んでいます。

月1回の定期総会を行いメンバー内での意見交換や企画の発案などを行っています。定期総会の後にはメンバーでの懇親会を行っています。

団体概要


団体名 STUNITY.
代表者名 矢田部健人
活動場所 国立オリンピック記念青少年センター
活動頻度 月1回の定例会と週1回程度の各部門のミーティング
活動人数 30名
設立 2011
WEB stunity.jp/index.html
連絡先 [email protected]

団体メンバーはいいね!