AGS東京大学学生コミュニティSUS+の団体概要

学生団体・学生活動検索サイト学なびのAGS東京大学学生コミュニティSUS+紹介ページ
SUS+(サスプラス)は持続可能な社会の実現を目指しています。活動内容は国際会議派遣(COP・MIT energy conferenceなど)、各種勉強会、フィールドワーク、学会発表を毎年行っています。東京大学が組織するAGSによる東京大学公認の学生団体です。

活動趣旨

“A platform for future collaborations”
– サステイナビリティを追求していくための国際的・学際的な交流と成長の基盤 –

SUS+(サスプラス)は持続可能な社会の実現を目指しています。そのための貢献としてSUS+は、東京大学大学院生を中心とした持続可能な社会の実現に関心のある人々の、国際的・学際的な交流・学習・協働のプラットフォームとなることをビジョンとしています。

活動内容

SUS+の旧名称(正式名称)はAGS UTSCです。国際学術協力AGS(Alliance for Global Sustainability)に参加する東京大学UTの学生組織SCです。AGSは1994年に開始され、

  • 研究
  • 将来の世界を担う若者の教育
  • AGSの成果の社会への展開(アウトリーチ)

を目標に継続的な活動を行っています。 SUS+には、ワーキンググループ(WG)と運営委員会(EB)が組織されています。
WGは社会の持続に影響力のある要素ごとに組織されており、

  • エネルギー(g-Enesys)
  • 水(WWG)
  • 気候変動(CCWG)
  • 教育(SUS- edu)
  • 国際性(SUS+ Global)

を組織し、洗練された情報と手法の蓄積に努めます。
EBは、活動が広範なSUS+の中心に位置し、各WGの活動をサポートし、他団体との協働、広報活動を行い、SUS+の運営を担当しています。

◆プロジェクト・活動実績
(全て2009年度の1年間)

  1. COP15派遣@コペンハーゲン(12月)
  2. MITエネルギーカンファレンスへの派遣@MIT(3月)
  3. WSC-SD 会議(Education for sustainable development)参加@スイス(10月)
  4. AM2010student project(3月)
  5. 水WG再活動(5月?)
  6. ecojapancup2009最優秀提言賞受賞(12月)
  7. 各WG定例勉強会・フィールドトリップ(定期)

AGSNewsとして外部報告を行っていますので、是非ホームページを訪れてみて下さい!

団体情報

活動拠点・活動場所 東京大学
参加大学 東京大学
活動頻度 各WGが月1~2の勉強会・国際会議派遣は年5~7回
代表者名 増田紘俊
ホームページ ags-utsc.org/index.html
お問い合わせ [tegaki]hiro.m.sus @ gmail.com[/tegaki]